ランキング

意外と知らない拇印の効力とは?

印鑑

普段使うものでもないので、それほど詳しく知らない拇印ですが、なんとなく重要そうくらいのイメージしか持っていないという方もいるのではないでしょうか。

 

確かに拇印を使う機会は早々現れませんが、法的な効力は間違いなく存在するので、みだりに拇印を押すようなことは控えてください。

 

拇印の効力とは

拇印は指の諮問を使って押す印で、印鑑が使えないときなどに使われることが多いですが、その効力は実印と同程度のものと考えてください。

 

指紋を使うということは本当に偽造することが出来ない、誰が認めたものなのかをはっきりさせるための印なので、もしこれを適当な書類に押してしまうと、どれだけ不利な内容でも、世間的にその内容を本人が認めたと証明されてしまいます。

 

使いどころは少ない

非常に重要な印鑑として扱われている拇印ですが、実際のところそんなに使いどころがあるわけではありません。
ちょっとした契約ならシャチハタなどでも問題ありませんし、そもそも拇印は本人であるということの証明に時間がかかるため、それほど積極的に使われません。

 

仮に使われたとしても、印鑑を用意できるなら実印を用意したほうが、法的な証明も行われている分契約には有効です。

 

拇印は使わない印?

 

非常に重要な契約なら実印、ちょっとしたことならシャチハタと、拇印を使う機会はなさそうに思えますが、拇印は警察に捕まったときなどに作成される書類に押されることが多いです。

 

警察に捕まっているときは実印を持ち歩いているはずも無いので、自分が行ったことがどのようなものか証明するときなど、様々な場面で拇印は使われます。
とはいえ普段の生活では恐らく使うことは無いので、拇印を求められたときは注意しましょう。

 

 

拇印は普段使うものではありませんが、いざ使うと非常に重要な契約を結ぶ印で、容易に使うと大変になるでしょう。
普段の生活で使う場面はそれこそ警察に捕まったときくらいなので、拇印をそれ以外の場面で使わないといけないときは、本当に拇印が必要か冷静に考えて対処してください。