ランキング

最近流行りの電子印鑑とはどんなハンコ?

昔からビジネスなどで使用される文書には、何かしらの印鑑を捺印する必要があります。
そのため何度も捺印しなければならなかったり、捺印し忘れた書類が出ることも多かったのですが、そうした作業の手間を省いてくれる印鑑として使われるようになってきているのが、電子印鑑と呼ばれるシステムです。
果たして電子印鑑とはどんなシステムなのでしょうか。

 

簡単に使える印鑑

電子印鑑は、従来の印鑑を朱肉について直接書類につけるような印鑑とは異なり、データ上で印鑑を管理することで、容易に書類に印鑑を押すことが出来るシステムです。

 

今まではいちいち印鑑を用意しなければならなかったり、押し損じがあると一から書類を作り直さなければならなかったりと、何かと面倒な作業が必要となりますが、電子印鑑についてはそれらの作業も必要ありません。

 

同じ感覚で使えるシステム

電子印鑑のシステムは、今までの印鑑と変わらない形で使うことが出来るようになっています。

 

印鑑を書類に押す代わりに、データを自分で動かして自由に捺印することが出来ますし、パソコン上の操作が苦手な方には、専用のシステムも開発されており、専用のタッチパネルに電子印鑑として使えるシャチハタを押すことで、実際の書類にしたように印鑑が押せるようになっています。

 

セキュリティの問題

印鑑はそもそも複製が難しいことからセキュリティ目的で押されることが多いのですが、それが出来ないのが電子印鑑の問題といわれています。
電子印鑑は見た目は印鑑でも中身は画像データなので、少しデータをコピーするだけで簡単に印鑑の複製を行うことが出来ます。

 

そのため重要な契約などに電子印鑑を用いた場合、最悪の場合すぐに印鑑の情報がコピーされて、契約内容に手を加えられるなどの被害が発生しかねません。

 

 

電子印鑑は非常に使いやすいですが、その反面実物にしかない強みも多く、決して万能なシステムというわけではありません。
だからこそ電子印鑑と普通の印鑑のそれぞれ優れたところを活かして、大事な契約を無事に結んだり、面倒な書類の作成を必要最小限に抑えることが出来るようになります。